☆☆☆☆ やってきました 日本の夏が ☆☆☆☆


3年前に開催され、以来音沙汰無く自然消滅が危惧された”駒ともビアガーデン”
2005年、記念すべき(なんの記念? ま、どーでもいいっしょ)この年に
満を持して遂に復活です。 ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'°☆。.::・'°★。.::・'°☆。ワーイ


夕立が続き、開催日も天気予報は微妙な状況を告げていましたが、さすがにみんなの
念が(怨念?)通じたのか夕方になるにつれ雲の間から晴れ間が見え出しました。

今回の参加メンバーは 関根君、山本君、柳沼君、大野君、田村君、宮本さん、石鍋さん
石塚さん、稲見さんでした。

事前に生ビールのサーバー機が設置され、その量何と15リットル! しかし量も凄いが
何と言ってもその味! 美味いの美味くないの   いや だから美味いんだってば
筆舌しがたいその妙味、 適度な温度と適度な湿度、加えて時折吹いてくる穏やかな風が
幸福感を増幅します。


遅刻の大野君の事はほっといて、まずはみんなで乾杯!!

くぅぅぅ〜〜〜 しみるぜぇ〜〜〜


そんな美味しいビールのさかなは、そう せっかく外で冷たいビールを飲むのですから
ホットプレートを出して、焼きそば、お好み焼きをみんなでパクパク食べました。

焼き担当は不運にもホットプレートの前に座ってしまったわれらがねーさん、石塚さんです。

でも絶妙のへらさばきでさいこーのシーフード焼きそばを焼いてくれました。


おっと、 そこにタイミング良く”遅れてきた夕焼け番長”大野君登場!

もちろん彼、買い出しもテーブルセッティングも勿論料理もなぁ〜〜んにもしません。
ましてや

「なんだよ、やきそばぁ〜? おこのみやきぃ〜? 庶民が喰うようなモンばかりかぁ〜」

・・・ なんということでしょう (ビフォーアフターの加藤みどり風に)

この暴言を受け駒とも実行委員会は緊急協議に入り、夕焼け番長は結局胸焼け番長に逆戻り、
次回の開催は大野君持ちでフレンチのフルコースをケータリングサービスしてもらう事になりました。

そうとは知らない大野君、両手に花?でご満悦です。

そこへ田村君の末娘、ちーちゃん登場。大騒ぎしていきました。


夜もすっかり更けて、時刻は11時を回ります。

ろーそくと間接照明で照らされたムーディーな一夜は大盛況のうちに
無事終了。 全員で片づけて ・アーバンナイト ビアガーデン・は
次回の開催を誓って幕を閉じました。



- Back -