.


        ■■■■ せーさんのお店、伏見屋 ■■■■

       かねてより掲示板で噂されていた
       ”伏見屋ランチタイム襲撃ツアー”が
       7月7日の七夕に決行されました。

       せーさんこと関根君、朝から張り切って
       仕込みをしていたようです。

      しかし7月上旬とはいえ外は鬼のような
      暑さです。 「夏は俺様の季節だぜぇ〜!」
      などとほざいていた若い頃が嘘のようです。

      多分2時間も日光浴をしていたら皮膚の表面が
      溶けてしまうような気がします。

 

       何故だか月初めの平日だって言うのに
       大野君 ふつーに「あ、行くよ」と参加。

       さすが司令塔、不労所得で優雅です。

       参加メンバーは
        たーチャン(旧 三浦さん)
        yumichan (旧 鵜川さん)
       タツゴロー(大野君)
       タクチン(田村君)です。

       yumichanも太陽嫌いのようで
       怪しさプンプンですね。

 

       お昼時は一般のお客さんで
       忙しくなりそうなので、ちょっと早めに
       入店しました。

       クソ暑い外とうって変わって
       店内は丁度いい温度に空調されていて
       とても快適です。

       入ると真ん中のテーブルがvip席として
       キープされていました。

 

       シェーのイヤミじゃないけど
       本格的おフランス料理を
       修行したせーさん、今日の彼は
       いつもの彼と違います。

       この2年のジム通いが彼を
       精神的、肉体的に ビルドアップ
       させたようで、見るからに精悍に
       なりました。

       フライパンさばきが絶妙!!

 

       そんな彼の普段と違う一面を
       見てyumichan曰わく
      「関根君、別人よぉ〜
       見る目が変わったわ〜」
       としみじみ言ってました。

       そんな若旦那の仕事場で
        ツーショット♪

       男の戦場です。

 

       若旦那が精魂込めて
       作ってくれた料理が次々と
       運ばれてきます。


       さっきまで差程空腹では無かったの
       ですが、次々と並べられる
       見目麗しく、香り豊かな
       そのメニューを前にしたとたん
       とてもお腹が空いてきました。  

 

                  ■■伏見屋スペシャル!!■■

       まさにそう呼ぶにふさわしい
       品々、お肉を食べられない
       たーちゃんの事も考慮した
       バツグンのバリエーション。

       肉と野菜と魚介のみごとな
       コラボレーションです。

       でも普段の伏見屋さんの
       メニューには無いお料理ばかり、
       他のお客さんが「アレと同じのくれ」
       と言ったらヤバイのでは?

 

       で、こちらが伏見屋の
       看板娘? 若奥さんこと
       せーさんの素敵な奥様です。

       せーさん以上にてきぱきと
       仕事をこなしてゆく様は、見ていて
       とても気持ちがいいです。

       こんにち伏見屋さんがあるのも
       この若奥様の存在があったればこそ
       と言っても過言ではないのでしょうか。

 

       よきにはからえ体質が板に付いている
       大野君、駒中のマドンナ、たーちゃんに
       料理を取り分けて貰っています。

       せーさん曰わく
       「大野君はお金だけ出してくれれば
       手は出さなくて良いです。」
       と言っていました。

       今、こうしている間にも
       彼のエアコンの壊れたオフィスでは
       彼のしもべ達が全身に汗をかきながら
       身を呈して働いている事でしょう。

 

       おっとぉ〜 なんとそこに
       北海道で山ごもり中の柳沼君が
       襲来! 彼の野生の嗅覚が
       ここ染井銀座のど真ん中に
       ご馳走がある事を知らせたらしいです。

       ますます賑やかになる伏見屋、
       来店する一般のお客様は
       一様にこのやかましい集団を
       一瞥し、怪訝そうな顔をしていました。

       そりゃそーだ

 

       文字通り、料理を肴に昔話や
       今年の秋の同窓会関連の話で
       伏見屋店内はヒート・アップ。

       そーいえば今度同窓会の幹事は
       たーちゃんでしたね。

       彼女はとても真剣にとりくんで
       いるので、みなさん当日は
       サポートをヨロシク。

 

       yumichan節もいよいよ絶好調♪

       彼女の観察眼はなかなかするどく
       個性的で、なるほどとうならされる
       事も度々あります。

       柳沼君はとても聞き上手、
       場の雰囲気をクールに盛り上げて
       くれますね。

 

       そこに一段落したせーさんが厨房から
       解き放たれてみんなの会話に
       参加。  一つの大きな仕事を
       やり遂げた男の顔をしていますね。

 

       柳沼君は遅れを取り戻そうと
       このスキを利用して
       料理に舌鼓。

       あっという間にあれだけあった
       オカズがみんなの胃袋へ、

 

       今回のツアーは大成功!

       毎年の定例会にしようと
        勝手に決めてしまいました。

 

       せーさん、美味しい料理の数々
        本当にありがとう♪

       そしてこれから毎年ご苦労様

                 ■■■おしまい■■■

- Back -